« すだれを、あつらえる。 | トップページ | 90歳の先生宅へ。 »

2012.07.14

フェイスブックを始めたら。

P71411243週間ほど前、ある友人の勧めでフェイスブックを始めた。 SNSに興味がない訳ではなかったが、その昔流行った同窓会サイト「ゆびとま」やら一時盛り上がった「mixi」も食傷ぎみに感じたこともあり敬遠モードになる。
そうこうしているうち、勧めてくれた友人の説く「効能」にそそられ“フェイスブックの森”に踏み込んだ訳だが、これがなかなか奥深くて新鮮な感動が得られる広大な世界が広がっていた。
実名と「実顔」というコテコテの個人情報をネット上に公開することで成り立つ仕組みとあって、ある意味それなりの覚悟が必要な訳だが、友達・知人の輪をネット上で構築し、情報を発信・共有し友達同士で盛り上がるという単純な構造なだけに、ネタやテーマ、場所や時間を問わずに“乱入”できることも相まってなかなか面白い。 ワタシは日々の生活で撮ったスナップを投稿し友達に見てもらっているのだが、これが案外励みになる。 そして、数十年も前に生き別れになった記憶の彼方の友人が突然画面の“捜査線上”に現われ、いきなり「やあやあ!」の会話ができてしまうのは結構感動的。
さらに、友達の意外な人となりや、その先の豊かな交友の世界が垣間見え、ネット上のバーチャルな世界とは言え、「実顔」がもたらすリアリティは、人間の“カンケイづくり願望”をくすぐるに充分なパワーを感じる。
全世界で十億人近く、日本では千数百万人が利用しているとされるフェイスブック。 元祖の米国では多少陰りが見えてきたというハナシも聞こえてくるが、私のようなポッと出の利用者が出てくる以上は、簡単には廃れはしないのだろう。
これ、結構ハマります。。

|

« すだれを、あつらえる。 | トップページ | 90歳の先生宅へ。 »

コメント

zapさん、たびたびひつれいします。

顔本は登録したものの勝手が分からず放置のち消去してしまいました(登録データはしぶとく残っているようですが)。
また復活させてみますかなあ・・・
そんときゃ宜しくアントキノイノチですm(_ _)m

投稿: 赤壁周庵 | 2012.07.18 06:35

周庵先生、まいど。

FBの凄さは生き別れの人が捜査線上に浮かぶことです。
大学のクラブ仲間「くぼまん」が埼玉で小児科医をしていたり、
「K澤」が帯広で産婦人科医をしていたり、
なんてーことが判明したのは面白かったなぁ(^^

zap

投稿: zap | 2012.07.18 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイスブックを始めたら。:

« すだれを、あつらえる。 | トップページ | 90歳の先生宅へ。 »