« ケンゴの、勝ち! | トップページ | 仙台への出張で。 »

2011.06.12

オプティマスパッドを、使ってみる。

Photoオジサンのひがみも混じって、iPhoneやらiPadをそつなく扱っている若けーもんを見たりすると「なんでも出来る、なんてーのは、何にも出来ねーっていうことサ」なんて理屈にもならない気持ちを少し持っていた。 所有するパソコンやケータイも必要最低限の機能しか使っていないので、最近流行りの指で突っつくスマートフォンやタブレット系の“通信機器”は何となく遠いなと感じていた。
そうこうしているうちに、いつもブロガーイベントでお世話になっている小学館「ウェブサライ」の方から「オプティマスパッド使ってみませんか?」とのお誘いを頂き、ここはオヤジモードから少し脱却するためにもチャレンジしようと思い立ち、製品モニターとして試用させて頂くことにした。
オプティマスパッド(OPTIMUS PAD)は韓国LGがNTTドコモやグーグルと共同して開発したタブレット新商品。 iPadよりやや小振りの本体に8.9インチの液晶ディスプレイを搭載し、プラットフォームはタブレット系最新のAndroid3.0。 ミニノートサイズのタブレットPCという印象で、持ち運ぶのにちょうどいいサイズだ。
これまで自宅では有線ネット接続だけだったので、さっそく無線LANルーターを買ってきて設置しWi-Fi環境でオプティマスパッドをあれこれ動かしてみた。 その時の印象は、「使える!」そして「オモシロイ!」。 ハードとソフト両面の利便性がバランスよくミックスされた文字通りの“新製品”の魅力に、オジサンも少し近づけたような気がする。 以下は使ってみての感想ダイジェスト。

【あざやか】
動画系のお約束はYouTube。 大画面のWXGAディスプレイで観る画像はとてもあざやか。 ワタシは昔の音楽クリップやら普段滅多にお目にかかれない「面白CM」などが好きでよく見るのだが、こうした、軽い気分で観る映像にはうってつけのタブレット。

【なめらか】
1GHzのDualCoreCPUはさすがにサクサク。 上記の動画再生もそうだが、大画面を指で操るときのラグタイムやストレスは殆ど感じない。 だから、どんなサービス、ソフトを試すにせよ躊躇なく“立ち向かう”ことが出来て、すぐに使い方のキモも覚えられる。

【かろやか】
このオプティマスパッドのウリはやはりその“身の丈”だろう。 iPadより厚みはあるものの、小振りのビジネスバッグにも楽に収まり軽く持ち出せるサイズは、用途次第では大きいメリットとなると思う。 立体写真が撮れるデュアルレンズは、写真好きの遊び心もくすぐる。

【静か】
ノートパソコンはディスクドライブやファンの音が案外ウルサイ。 そんなこと能書きにはもちろん書かれていないけど、ワタシがオプティマスパッドに触れて始めに感じたのはその静けさ。 ノイジーなパソコンで音楽や映像作品を“鑑賞”する気にはなれないが、これならOK。

そのほか、パソコンでできるWebブラウジングやメール受発信は思っていた以上に簡単にできる。 指先の定まらないオジサンには、画面上の細かなボタンは押しづらいこともあるけれど、マウスとキーボードという“古風”なスタイルから脱却して、タブレットの気軽さと便利さを楽しんでみるのもいいかもしれない。 撮り貯めた写真データを蓄積して、フォトフレームにするのも面白そうだ。

■写真はiPod touchと並べたオプティマスパッド。 もちろん、動画の迫力が違います。

|

« ケンゴの、勝ち! | トップページ | 仙台への出張で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オプティマスパッドを、使ってみる。:

« ケンゴの、勝ち! | トップページ | 仙台への出張で。 »