« 千葉は、水の中。 | トップページ | ヱビスビールに、ありがとう。 »

2010.03.06

一駅間の、東京遺産。

PhotoPhoto_2東京エリアを走るJR線で「一駅」が比較的短く、駅と駅のあいだをぶらり歩くと面白い場所がいくつかある。例えば「有楽町」と「新橋」の間。銀座にも程近い繁華街ならではの華やかさがある。
ワタシは毎日の通勤で京浜東北線と常磐線を使っているので、朝はその接続駅である日暮里駅でさっさと乗り換えるのだが、帰宅途中で時間の余裕があるときは「御徒町」で降りて「上野」までの一駅をゆったり散歩することがある。

この上野-御徒町間は距離にして約600メートル。山手線や京浜東北線の電車に乗っても1分ちょいの距離だ。このエリアには、電車の線路沿いに連なる『アメ横』を中心に、小売店や飲食店がひしめいているのだが、東京広しといえども電車一駅の間にこれほど多くの店が密集し、しかも他に見られないような面白いモノを多く提供している“ウルトラゾーン”は無いように思う。

Photo_3Photo_4御徒町で下車して上野方面へ歩くルートはいくつかあって、それぞれ強烈な個性を持っている。高架下に連なる昔ながらの小物や時計、衣料品店。アメ横ルートを進めば、閉店直前の鮮魚店で美味しそうなマグロやシャケを叩き売っている。線路の昭和通り側を通る3本の路には、これでもかの多国籍飲食店の数々、クラシックな喫茶店や屋台が点在。極めつけは最近ミヤコで流行る「立ち飲み屋」がこの界隈に軒を連ね、どこも大入りなことだ。
ワタシも立ち飲み、いや「立ち呑み」でちょい寄りし、ビールなぞを引っかけてほろ酔いで上野駅から常磐線に乗ることがある。
Photo_5そんな気分で夕暮れに浮ぶレトロな上野駅舎を眺めていると、何だか懐かしい昭和の頃にタイムスリップしたような気持ちになる。変革スピードの早い最近の首都圏においても、この上野-御徒町エリアは、今も昔の香りと雰囲気を色濃く残した、言わば数少ない「東京遺産ゾーン」なのではないか、と感ずる。この不況期にあっても、大勢の来訪者を集めるこの場所は、今も不思議な引力を持ち続けている。

|

« 千葉は、水の中。 | トップページ | ヱビスビールに、ありがとう。 »

コメント

いい雰囲気やね 落ち着きます

 ところで、立ち飲み屋さんでビールジョッキを嗜む若い女性のお姿、時代は変わりましたね。

 風景は変わらないけど、中身が刻一刻と変化してるんやね。

投稿: jo | 2010.03.07 22:27

joさん

立ち呑みはオヤジの特権、っていうのは昔のハナシかも知れませんね。
「立食」ってお洒落ですよね。とくに街中では粋な感じがします。
女性が立って呑んでいるのはとくにそう感じます。

zap


投稿: zap | 2010.03.07 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一駅間の、東京遺産。:

« 千葉は、水の中。 | トップページ | ヱビスビールに、ありがとう。 »