« 日本最低の、分水嶺。 | トップページ | 鉛筆を、使ってみれば。 »

2010.01.17

ペンタックスとビートルズ。

Spカメラに興味をもって約40年。小学生3年生のときに『フジペット』を親に買い与えてもらって以来、いろんなカメラを使ってきたが、どういう訳だか“変革期”に登場するのがペンタックスだ。
写真を趣味としてキチンとやりたいと思った中学2年のときに入手したのが『アサヒペンタックスSP』。当時、小型1眼レフの人気機種で、ワタシはこのカメラを手に、学校をサボっては夜行列車に乗りSLの写真をあちこちに撮りに行った。その後高校へ進むと今度は大判カメラが欲しくなり、生意気にも『ペンタックス6×7』を手に入れ、大学時代までコレを使い倒した。
その後フィルムからデジタルへ移り、そろそろデジカメを試そうと思い買ったのがコンパクトデジカメ『ペンタックス・オプティオS4』。そしてつい最近、初のデジタル一眼が『ペンタックスK-x』。
とくに意識してペンタックスにこだわってきた訳ではないけれど、ワタシの写真趣味の節目でペンタックスを選んだのは、小型・軽量、高性能で扱いやすく安価なことがその理由だ。プロの酷使を想定した頑強をウリにするニコンやキャノンの製品と違い、フツーの人がフツーに使って良く撮れる小型カメラ、という“相応感”がペンタックスの身上のように思う。

そんなペンタックスの手頃さが、60年代のヨーロッパの音楽家にウケていた事実は面白い。ひとつはクラシック界の帝王カラヤン率いるベルリンフィルハーモニー管弦楽団が1966年に来日した際のこと。郷里ドイツへの手土産として、カラヤンと団員の全員が免税店で『ペンタックスSP』を買って行ったという話は有名だ。そしてもう一つがポピュラー界の“帝王”ザ・ビートルズのメンバーがペンタックス好きだったということ。
Photoポール・マッカートニーは“THE BEATLES ANTHOLOGY”の中の1964年2月のアメリカ訪問を回想するインタビューで“We took a lot of photos,We were like tourists with our Pentax cameras.”とハッキリ言っている。その年に公開され大ヒットした映画“A Hard Day's Night”では、リンゴが長いレリーズでセルフ・ポートレートを撮ろうとして「池ポチャ」の失敗をするカメラが、ペンタックスSVブラックだ。
米国ペンタックス・イメージング社社長のNED BUNNELL氏のブログでは、ジョージがやはり外付け露出計の付いたペンタックスSVを扱っている写真が紹介されている。また、ペンタックスの巨大張りぼてを背景にビートルズが唄う映像も残されていて、彼らの余程のお気に入りアイテムだったのだろう。

カラヤンもビートルズのメンバーも、お金を節約しなければいけない人たちではないのに、高価なライカやニコンではなく、安価で手頃なペンタックスのファンだったこと。そんな逸話からだけでも、ペンタックスの価値を感じ取ることができる。

|

« 日本最低の、分水嶺。 | トップページ | 鉛筆を、使ってみれば。 »

コメント

大変興味深く読ませていただきました。
私は高校時代にPENTAX SV を使っておりまして、最近になってペンタックスメーターを入手し、いろいろと Net を探っていたら、こちらに行き着きました。ビートルズの話も面白く拝見いたしました。
今、「ちょい古・PENTAX」なるページを作成中で、もしよろしければ、ジョージハリスンの写真を使わせていただけないでしょうか?
ご返事願えれば幸いです。

投稿: nobrin-7 | 2010.02.28 11:05

nobrin-7様

コメントありがとうございます。
「ちょい古・PENTAX」いいですね~(*^-^)
スタートしましたらぜひお知らせください。
PENTAXはちょい古の時代が輝いていたように感じるのも、
自分がちょい古になったから、なんでしょうね!

zap

投稿: zap | 2010.02.28 11:49

ペンタックスが大好きでこのページにたどり着きました。
そこで疑問です。リンゴスターが池ポチャしたカメラがSVとありますが、SVはセルフタイマーが付いているので、あんなに長いレリーズは必要ないはずです。ひとつ前のS1ではないかと思われますが。S1はもっぱらヨーロッパ向けの輸出専用機種で、日本ではあまり知られていないようです。

ジョージハリスンのカメラもS1aだったようです。下記ページにハリスンのカメラがオークションに出ています。

http://www.bonhams.com/auctions/19801/lot/308/

投稿: コマツ | 2014.03.13 21:30

はじめまして。横浜のtodoと申します。PENTAXを楽しむ会からやって参りました。素晴らしい逸話ですね。感心しました。私の写真歴の始まりも父のPENTAXからでした。時間だけは50年が経ちましたが、仕事で使うのみでカメラは素人です。最近やっと落ち着いてカメラと向き合える時間が取れるようになりました。(自撮り?はっはっは。)ブログは時間が途切れているようですが、是非また良いその後のお話が聞きたいと存じます。先ずはリンクさせて頂いて宜しいでしょうか?ご挨拶まで。ご健勝とご多幸を祈念致します。

投稿: todo | 2017.01.06 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスとビートルズ。:

« 日本最低の、分水嶺。 | トップページ | 鉛筆を、使ってみれば。 »