« 個人輸入、初体験。 | トップページ | 新聞・雑誌の、未来。 »

2009.11.08

デジイチを買った!

Kxその昔。商品広告のキャッチコピーに「決定版」という言葉がよく使われた。わが愛用の明鏡国語辞典によると『決定版。それ以上の修正や増補を必要としない最終的な書物・出版物。同種中で品質・機能などが最高のもの』とあり、以下の文例が示されている。
「デジタルカメラの決定版」

その昔。一眼レフカメラには「決定版」が各メーカーに存在した。日本光学の「ニコンF」、キャノンなら「F-1」、旭光学は「アサヒペンタックスSP」、ミノルタでは「SRT-101」・・・その後も改良が加えられ、さらに進化するカメラたちだが、各機種がリリースされた時はいわゆるフラグシップ機として高い評価と人気を博し、その後何年にもわたって支持され続けた銘機だ。

ひるがえって今。一眼レフの主流は完全にデジタルとなり、各メーカーは開発競争に凌ぎを削り、かつての「決定版カメラ」の息の長さとはまるで違うスピードで次から次へと新商品がお目見えする。決定版が出たと思ったソバから、さらに上行くハイスペック機が登場する。結果、どのタイミングでどの機種を買ったらよいのか思い悩んでいるうちに、機を逸してしまう。そんな状況が2~3年続いていたのだが、“マイ決定版”とでも言えるカメラが登場。ワタシにとっての初デジイチとなった。

それはペンタックスK-x。ポジショニングはエントリー機だが、ニコンDXフォーマットと同等のAPS-CサイズCMOSセンサーの付いた高機能小型軽量機だ。ワタシが気に入った理由。まずは手によく馴染んで操作性が良いこと。黒色一辺倒のデジイチと違ってボディーのカラーリングを選択できること。そして文字通り決定的だったのは小型軽量の単焦点広角レンズがラインナップにあったことだ。
デジイチ向けのショートズームレンズは、センサーへの入射角を拡げられないという光学特性上、小型の本体に比して大きくならざるを得なかったが、ワタシのような単焦点派にはコンパクトで高性能なワイドレンズはとても魅力的。とりあえずコレ1本あればまずはOK。という訳で、15㎜ F4、35ミリ判換算で23㎜のレンズでまずはスナップ初め。

フィルムカメラと違い『迷ってもいくらでもシャッターを押せる』ことの楽しさを、このワタシにとってのこの“決定版デジタルカメラ”が教えてくれた。

Photo■ハトのとまる木

Photo_2■バスの車窓から

Photo_3■昭和レトロなガード下

Photo_4■ブタカルビ店にて

Photo_5■煙たいガード下

Photo_6■緑の鉄骨

Photo_8■銀座のスクーター

Photo_9■秋晴れの利根川で

Photo_10■ススキの穂

Photo_11■ひも付きグライダー

Photo_12■利根川の月の出

Photo_13
■じっと手を見る・・・

|

« 個人輸入、初体験。 | トップページ | 新聞・雑誌の、未来。 »

コメント

黄昏の利根川素晴らしい

 利根川流域はグライダーの飛行場があるんですね、昔の職場の人がグライダーを持ち利根川で飛んでいる話を聞いた事があります。

 一眼レフ、やりましたね。来年の写真展楽しみですね。

投稿: jo | 2009.11.09 11:51

joさん

家の近くの利根川べりに行くと、遠く筑波山が望め、上空には成田を発着するヒコーキがいつも飛んでいて、見ていて飽きません。また、利根川沿いに「大利根飛行場」というミニ飛行場があって、この写真のように、グライダーがよく飛んでいます。写真には写すことはできませんでしたが、シャッターを押す20秒ほど前、このヒモでつながってノンビリ飛ぶ2機のヒコーキに鳥の群が『くの字』に引っついて飛んでいました。
きっと仲間の鳥だと思ったのでしょう。

山のない千葉は、空がやたら広く、ヒコーキを飛ばすのにはもってこいです。

投稿: zap | 2009.11.10 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジイチを買った!:

« 個人輸入、初体験。 | トップページ | 新聞・雑誌の、未来。 »