« カマキリの、完食。 | トップページ | 祭りのハシゴ、そしてコメ。 »

2009.07.26

見たかった、三日陽。

Photoまだ一週間も経たないのに、すでに過去のイベントになってしまった皆既日食。費用と時間をつぎ込んでトカラ列島あたりへ行った人は、悪天候でお気の毒としか言いようがないが、できることならワタシも一度は“黒い太陽”を目撃してみたかったというのが正直なところ。
東京でも生憎の曇り空で、欠けた太陽を観ることはできなかったが、ワタシが見てみたかったのは、部分食の際に見られる、三日月型の木漏れ日。これは、木の葉のすき間がちょうど針穴写真機のピンホールの働きをして、地面に太陽が欠けた姿を投影する現象だ。

今から28年前の1981年7月31日に起こった部分日食は、当時住んでいた札幌では食分0.81と、太陽のかなりの部分が隠れる様子が見られた。食が始まり面白かったのは、雲一つない晴天の札幌の街全体が濃いサングラスで覆われたような不思議なトーンに突然変わったこと。そして、大木の下を歩くと、件の三日月ならぬ無数の“三日陽”が地面にずらり現れたことだ。さらに、食のピークを迎えるころ、周りの気温がスーっと落ちていくのが体感できた。
今回の日食では、東京の食分は0.749と、当時のそれと数値上では殆ど変わらないが、食のピークと思しき時間に曇り空を眺めていたが、とくに暗くなったようには感じなかったのは、それはそれで不思議に思った。
***
Photo_2週末は、大学時代の写真クラブの後輩たちに呼ばれて久々にビールで宴会。食品、化学、宇宙開発、放送局、ITと皆異業種で活躍する面々だが、ことがカメラにおよぶと学生時代同様熱のこもったハナシになる。やっぱり、気の置けない面々と盛り上がる地上のイベントのほうが楽しいかも。。

|

« カマキリの、完食。 | トップページ | 祭りのハシゴ、そしてコメ。 »

コメント

ご機嫌よう

81年7月31日の部分日食、懐かしいですね。北海道でかなり欠けたてので憶えています。

投稿: 大坂 | 2009.09.19 12:47

大坂さん

コメントありがとうございます。
雲一つない晴天でしたが空が薄暗くなり、不思議な雰囲気でしたね。

投稿: zap | 2009.09.20 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見たかった、三日陽。:

« カマキリの、完食。 | トップページ | 祭りのハシゴ、そしてコメ。 »