« お祭り不足。 | トップページ | 追善、桂枝雀。 »

2009.04.05

飛翔体。

Photo新聞やTVで聞き慣れない言葉に出くわすことがしばしばあるけど、これもお初言葉。飛翔体。
今日、北朝鮮から発射されたというソノ物体は、実態も目的もよく判らない飛行物体というような含みを持たせて、あえてそんなナゾめいた言い方をしたのだろう。
しかし『飛翔』という熟語にはなんやら上品でココロザシの高い、格式のあるニュアンスを感じ、今回の北朝鮮のお騒がせ行為の“顰蹙度”を思うと、いまひとつしっくりこない報道機関のワーディングのようにも感じた。アメリカのメディアは、今回北朝鮮は「ロケットを発射した」とストレートに報じているし、事前に衛星写真で紹介されていた発射台に立つソノ姿を見ると、確かにロケットのように見える。
ただ、いずれにしても、高性能で敏感過ぎたからか、誤報まで連発した我らが日本国の追尾システムをあざ笑うかのように、この飛翔体はココロザシ高く打ち上げられ、北朝鮮は衛星を軌道に乗せた、と報じている。
今回、物々しく迎撃ミサイルまで配備したけど、落下物の破片すら落ちてくることはなかったことは幸いと言える。日本国の首相閣下は、国民の冷静な行動に感謝するといったコメントを出したようだが、逃げ場のないワレワレにしてみれば、天が堕ちてくる~みたいな“杞憂”にオロオロしたところでどうしようもない。むしろ、過度に反応して迎撃に討ってでたときの彼の国の“逆ギレ”のほうが実は怖かったりする。
アメリカ当局は、今回のロケットは衛星を軌道に乗せることもできず、つまりは失敗に終わった、との見解を示したようだが、北朝鮮の発表では、無事打ち上がった衛星からは将軍様を讃える歌を送信し、その成功を祝ったんだとか。
いずれにしても、今回のお騒がせイベントはそもそも何だったんだろうかという屈託感を残して幕切れになったようだ。
ただひとつ、個人的に面白かったのは、彼の国のロケットは、音速の15倍、つまりマッハ15で日本の上空を飛翔したということ。このスピードは何と1965年の名作アニメ「スーパージェッター」の愛車『流星号』の最高時速。飛翔体と流星号には何のカンケイもないけれど、今回のロケット。何だかアニメの世界で起こったようなパフォーマンスだったようにも思えなくもない。でも『次回につづく』じゃ困るけどね。

|

« お祭り不足。 | トップページ | 追善、桂枝雀。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛翔体。:

« お祭り不足。 | トップページ | 追善、桂枝雀。 »