« 梅雨明け空に、セルシェル。 | トップページ | 追悼、赤塚不二夫先生。 »

2008.07.27

地デジアンテナ、つけたけど。

Dscn4015ウチに地デジの受信できるTVは去年からあったものの、デジタル放送を熱烈に観たいとも思わなかったので、専用アンテナを付けずにいた。長く親しんできたアナログ映像に不足はないと感じていたこともある。が、ここにきて「あと3年で放送打ち切り」だとか、画面の隅に「アナログ」と、その昔白黒TVが大勢を占めていた時分に「カラー」の表示が気になったのと同様、方式の変更を煽るようになったこともあり、ようやく地デジのアンテナを設置することにした。
地デジ映像の“美しさ”は、電器店の店頭で観ておよそ理解してはいたが、あらためて我が家でジックリ観てみれば、確かにディテールが鮮明で、解像度、色再現ともにとても優れている。特に、ニンゲンそのものを含む、広い意味での“自然界の被写体”のシズル感はアナログ画像を圧倒しているように思う。が、その一方で画像が発する情報量が格段に多くなったことで、見ていて疲れる、というのも実感。何だかパソコンの画面を凝視しているときの眼と脳の疲労に通ずるものがありそうだ。

問題はもう一つ。あと3年でのアナログ放送打ち切り、にどれ程の日本国民が素直に応じるのか、ということ。画が多少鮮明で美しくなる、ということぐらいでこれまで慣れ親しんできた受像機(死語・・)やビデオデッキを大枚を叩いて買い替える人ばかりとは到底思えないのだが。
地デジ移行に対するヒトのスタンスを、①受け入れる人、②受け入れない人、③興味ない人、④何のことだかよく分からない人 の4つに分類できるとすると、その比率はともかく、そもそもの母数が半端な数ではないので、②③④の合計は現時点で相当なものだろうし、懸念すべきは③と④は②の予備軍となる可能性が強いのではないか、ということだ。
さらに問題なのは、あと3年、あと2年・・・と国中にプレッシャーをかけ続けることで、ある種のストレスを人々に与えるのではないか、ということ。ただでさえ不安材料がひしめく昨今。たかだテレビ、と軽く見ていると侮れない社会不安をもたらすような気もする。

件のアンテナを取り付けてくれた工事担当氏によると、表向きには2011年7月24日のその日を以てアナログ放送が一斉に休止するようにアナウンスされてはいるが、実際には先行する他国と同様、さらに2~3年の“執行猶予”期間を内密に予定しているんだとか。確かに「後がないゾ」と喧伝しなければ、皆ホンキになってくれないであろう事情は判らないでもないが。

今朝の朝日新聞に掲載の「朝日川柳」入選作に思わずにんまり。

『やめてくれ三年間も騒ぐのは』

|

« 梅雨明け空に、セルシェル。 | トップページ | 追悼、赤塚不二夫先生。 »

コメント

zapさん、暑いですね。

面倒ですねえ・・・と、地デジ関係の話を見聞きするたびに憂鬱になります。拙宅は海が近いので、前住人が立てたアンテナが5年で汐(塩?)にやられてボロボロになっていたこともあって、ケーブルテレビに入っています。そのケーブルテレビ会社の話では、大半の加入者がアナログ契約のまま息を潜めて引き延ばせるだけ引き延ばそうとしているのだとか(うちもそうですが)。BSはケーブルテレビでは画像音声とも今ひとつなので、自分でお皿を出して直接受けていますが、これもデジタルBSにするなら取り替えなきゃならんのだろうし・・・
嫁さんの実家は早々と地デジ(しかしこの小汚い略称は何とかならんものかね)にして、紅白の投票をし、見たい番組があればブルーレイに録画していますが、我が家ときたら、20年物のテレビの「ノンロック」状態になった電源スイッチを足の親指で押し続けながら、どうしても見たい番組だけ見ています。傍から見たらアホそのものの光景ですね。(^^;;;テレビの視聴時間が激減してちょうどいいかも。

投稿: 赤壁周庵 | 2008.07.27 19:57

地デジの情報量には、かなりやられます。特に、内容のないバラエティを見ると、本当に疲れます。だいぶ慣れてきましたが、バラエティを見る時間は確実に減りました。そのかわりWOWOWで映画やドラマを見ています。

画面から来る情報量と内容の情報量って、なんらかの関係があるんじゃないかと思ったりして。

投稿: negi | 2008.07.27 22:26

赤壁周庵さん。暑おすなー。
小さい頃は体温より気温が高いと暑く感じる、と思っていましたが、ここ2~3日夏風邪でネツが37度少しあり、気温が33度程あるのにゾクっと感じたということは、ソレが正しい認識だった、ということですかねぇ。

ところで、地デジという小汚い略称について、コラムニストの花岡信昭氏が『「血出痔」はなんとかならないのか』というコラムを書いておられるので読んでみてください。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/y/119/

投稿: zap | 2008.07.27 22:42

negiさん。
確かに地デジで観るバラエティー系番組は、スタジオ装飾のギラギラが際立ち過ぎる印象で、人工的でハデな色遣いやらハイコントラストが加わり、見ていてかなり疲れます。一方でフィルムで撮った映画作品や、自然の風景、動植物などは比較的安心して見ていられますね。
中身の希薄な番組ほど、画像のインパクトでごまかしているのかも知れないです。
それともう手遅れでしょうけど、ワタシなぞは横長ブラウン管TVが欲しいですね。

投稿: zap | 2008.07.27 22:56

zapさん、またまた失礼。
花岡氏の「血出痔」コラム、読みました。同じように苦々しく思っている人もいるんだなあ。
理系に対する偏見だ、とかいきり立っているコメントが妙に面白かった。(^^;;;(被害妄想なんじゃないスかね・・・)

投稿: 赤壁周庵 | 2008.07.29 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジアンテナ、つけたけど。:

« 梅雨明け空に、セルシェル。 | トップページ | 追悼、赤塚不二夫先生。 »