« 発電所を旅して思うこと。 | トップページ | コラボレーション。 »

2006.09.24

蕎麦。

Imgp0841蕎麦が好きだ。
大抵の日本人がそうだと思うのだが、美味い蕎麦が食べられる、という話しを聞くと、かなり気になるタチだ。美味なスパゲティー屋がある、なんていう話を聞いたときの何万倍もの引力に引き寄せられる。仕事の日もオフの日も、日々三食のどこかで蕎麦を食べている、と言える程だ。その理由。それは、唯単に蕎麦の持つ食品としての「味加減」や「軽さ加減」が他に置き換わる食品がないのではないか、と思わせる程、ちょうど良いから、のように思える。

ワタシはいわゆる蕎麦通でもなければ、一家言ある訳でも必要以上に執着がある訳でもない。ポリフェノールを大量に含んでいてカラダに良いだの、血圧降下作用があるといった効能を唱えながら食する訳でも、もちろんない。単に、日々息を吸ったり吐いたりするのとさして変わらない感覚で、日々蕎麦を口から摂取している。

Imgp3980蕎麦ほど、「レンジの広い」食べ物はない。
その気安さ手軽さの象徴である「立ち食い」というコトバの後にくる食品は大抵の場合「そば」だろう。一方で、大仰な構えの店で供される高価な蕎麦もある。食べ方も、かけやもりといった世界にも稀なシンプルメニューから、主役が何だか判らない程ゴージャスな蕎麦料理もたまに目にする。「温」と「冷」を平等に選択できるのも、よく考えると他にあまりない流儀だ。価格のレンジや味や食べ方の違いだけではない。色や硬さ、艶や長さ、太い細い、粘性のあるなし、断面が丸かったり角張っていたり。ビール系飲料以外にはあまり使うことのない「喉越し」という表現も、蕎麦特有の評価尺度だろう。一言で蕎麦と言っても、実にさまざまな個性を持ち、しかも気軽に楽しめることが、多くの日本人に支持され日々食される蕎麦の身上なんだと思う。

Dscn0209蕎麦は「はやい」ところが良い。
街中でも旅先でも、いわゆる小腹がすいたとき思い浮かぶのは蕎麦。私なぞ、けしてラーメンでもマックでもない。思い立ったらさっさと食べられて、さっさと消化してくれるところが、よい。ラーメンやらハンバーガー等のジャンクフード系は、期待以上の残余感を与えそうで引いてしまうことが多いのだ。

Dscn0467蕎麦は、結構面倒くさい。
数年前、通販生活のカタログで『蕎麦打ち機』なるものを買ったことがある。十割蕎麦が自宅でカンタンに作れる、とか言うキャッチコピーに絆されて思わず注文したその機械。一昔前のジューサーのようなサンヨー製の電器製品だ。蕎麦粉を奥多摩に行きやっとの思いで入手。トリセツ通りの厳格な水加減で十割蕎麦を作るのだが、これまで5~6回チャレンジして巧くいったのは1~2回。しかも、巧く打てなかった蕎麦程、食べられないモノはない。蕎麦作りはカンタンじゃない、ということに加え、蕎麦打ちの準備と後片付けがトンデモナく面倒、ということも思い知らせてくれた、蕎麦打ち機だった。

Imgp0390餅は餅屋、ならぬ、蕎麦は蕎麦屋。手軽でポピュラーな食品だけど、その歴史と大勢のプロの技によって味わうことのできる蕎麦の奥深さ。素人に近寄れない世界を感じさせてくれるのも、また蕎麦の魅力なのかも知れない。

*写真上から兵庫・出石、立山・室堂、茨城・常陸太田、千葉・佐原のそば店(2枚とも)

|

« 発電所を旅して思うこと。 | トップページ | コラボレーション。 »

コメント

被害者の一人ダス!

 貴殿が蕎麦製造マシーンを購入したというので、自宅迄職場の仲間とでかけましたね?出来た蕎麦は長さ1センチ程度のボロボロでした。

 しかし、蕎麦は私も大好きダス。うどんも好きだけど、蕎麦も美味い。ところで、イタリア人も蕎麦を食べるんやね、シチリア島には蕎麦の畑が広がっていて、原住民?が食べるそうやね。

 西日本はうどん、東日本は蕎麦と決まってるそうやけど(あほ馬鹿分布と同じ)、私は蕎麦が大好きダス。

投稿: jo | 2006.09.25 10:21

joさん。そう言えば、そば打ち大会は台無しでした。今度ぜひ挽回したいと思います。ポイントは“つなぎ”です。実はあのキカイ、うどんも作れますが如何しましょうか。

投稿: zap | 2006.09.26 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦。:

« 発電所を旅して思うこと。 | トップページ | コラボレーション。 »